WordPressにCSSを書く

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

WordPressにCSSを適用する最も簡単な方法は、投稿ページや固定ページに、
<!–      CSS  –>を直接記述する。
しかし、この方法だとページ単位にコードを記述しなければならないので効率化悪い。
テーマ「weaver」では、「wearver admin」オプションで指定可能である。
きれいな方法としては、子テーマを作成して、独自のスタイルシートを読み込ませることだ。
この方法は、別途記述する。

【補足】
スタイルシートには優先順位が存在する。
style要素>IDセレクタ>classセレクタ>タグ内(style属性)
wordpressのstyle.css(/wordpress組込みディレクトリー/wp-content/themes/weaver/の下)
(wwaverはテーマが入っているディレクトリー)
を見ると、ほとんどがIDセレクターで記述されている。よって、style要素で記述するか、子テーマを作成して、独自のスタイルシートを作成して、目的のCSS要素を定義しているIDセレクタ名で新しく記述しなければ、自分のスタイルシートを反映することができない。
テーマをアップデートすると、「style-weaver.css」と、新しいスタイルシートが読み読まれていたりする。
どのスタイルシートが使用されているかは、Google ChromeやFireFoxなどのページ開発ツールで確認するとよい。

Permalink

Comments are closed.