システム手帳の疑問

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る

ほとんどのシステム手帳は、サイズがミニ版、バイブル、A5版どまりである。それ以上のサイズはかろうじて、B5サイズのノートカバーとかB5サイズのルーズリーフカバーである。コクヨは、B5サイズのキャンパスノートスケジュールを出しているが、種類が中途半端でありバインダー形式はない。
日程や計画、TODOなどを管理する仕事についている方々はそれで要は足りるのだろう。しかし、エンジニアや作家などのクリエイターは、ドキュメントを纏めるというノートスペースが必要である。
果たして、A5版サイズで足りる出あろうか?足りなければ、別のノートを準備して持ち歩くことになる。この時代、パソコンやタブレットがあるから大きいサイズのノートは不要じゃないかと思うだろうが、下書き、メモ、構想や図入りだと、腰を落ち着けてパソコンに向い格闘する事はしないだろう。下書きをして清書と言った感じだろう。
そこで疑問がある。何故、B5サイズやA4サイズのシステム手帳を作らないのか、そしてリフィルも作らないのか?
B5サイズやA4サイズのシステム手帳の中に、A5サイズやバイブルサイズのリフィルを使用できるように工夫したシステム手帳を作っても良いよではないか。
要するに、スケジュール、ノート、筆記具をまとめて、一つの手帳として持ち歩くことができれば、何種もの手帳をばらばらに持ち歩くことがなくて便利と思う。
A4サイズやB5サイズのシステム手帳を開発して欲しいものである。

Permalink

Comments are closed.